Home > スポンサー広告 > 境界線上のホライゾンBD特典小説

スポンサーサイト

スポンサーサイト

-------- (--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲスト配信 «  ホーム  » 境界線上のホライゾン2期2話 「舞台上の宣告者」感想

Home > スポンサー広告 > 境界線上のホライゾンBD特典小説

Home > 日記 > 境界線上のホライゾンBD特典小説

境界線上のホライゾンBD特典小説

境界線上のホライゾンBD特典小説

2012-07-19 (Thu) 日記
写真 12-07-19 20 57 26

境界線上のホライゾンのアニメBDには奇数巻に特典小説が付くんですが、昨日の夜読み終えました。
タイトルは「境界線上のホライゾン きみとあさまで」。本編より1年前が舞台です。
まだ生徒会や総長連合の役職をみんな持っておらず、装備や術式も揃ってません。
そんな発展途上の主要メンバー達がどうやって実力を付けていったのかを垣間見れるのが面白い。
まぁメインは浅間と喜美とミトツダイラがバンドを組もう~みたいな話なんですが、
間で色んなキャラの2年次の様子が描かれています。
たとえば双嬢の二人はまだ装備持ってないので見下し魔山のテスター権をどうするかの話とか。
戦闘描写もあるんですが、今みたいに実力もないのでみんなで協力しあって倒すとかになってますね。
なかなか新鮮ですし、そのキャラについて深く知ることもできるので楽しく読めました。
明らかに特典小説っていう厚さではなかったですが、もはや慣れましたww
この4冊で外伝の序章終了って感じで、続きは2期BDの特典小説で!
ほんまうまい商売やで…買うしかないじゃないか!w
そして作者はもう書き上げているらしいですwwこれも相変わらずすぎてww
来月に本編5巻上が出ますが、こっちの外伝小説も楽しみにしていきたいです。

ではまた明日



ゲスト配信 «  ホーム  » 境界線上のホライゾン2期2話 「舞台上の宣告者」感想

Home > 日記 > 境界線上のホライゾンBD特典小説

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。